UnKnown Theater
m o v i e    a r t    m u s i c    c u l t u r e

『踊』session.2

LIVE

2018-07-01

『踊』session.2

◉園田游+レンカ+にら
◉平松歌奈子+△T△R△W
◉亞弥+藤本ショーン+小曽根春佳
◉大岩巌+三浦モトム


園田游


レンカ
東京生まれ。2003年大阪阿部服×高橋ヨーカイとのパフォーマンスをきっかけに活動。写真・映像作品のモデル、ギターによるノイズ演奏の活動を経て、じょじょに踊りとしての身体表現を行うようになる。2009年よりギターと踊りの即興ユニット「異形人」で活動。様々な音楽家、ダンサーと共演。踊る傍ら、知的障害者支援/美術モデルをしながら現在に至る。


にら
バンドでの演奏を経て、踊り手 レンカ とのデュオ”異形人”での活動を始める。踊りと音、というシンプルな表現の中で、ギターという弦楽器の響きを追求している。バンドではゴイゾン、HALBACHに参加し活動中。
Photo:池田敬太


平松歌奈子
様々なダンス作品に携わる中、音楽家448との「DaKaTz」がスタートし早10年。フロントとして益々絶賛奮闘中。


△T△R△W (アタロウ)
エクスペリメンタルダブオーケストラGROUNDCOVER.主催/Vocal,Dubwiseとしてライブダブという手法を駆使し観る者にトラウマ級の音像体験を与え続ける傍ら、ソロワークではアートユニットNNNIと共に組んだ△T△R△W feat.NNNI、その他HALBACHの三浦氏、映画監督の福居ショウジンらと組んだホラーダブユニットAPOCALYPTO x SHOZIN FUKUI等マシーンライブに於いての即興性に重点を置いたパフォーマンスにも精力的に取り組んでいる。


亞弥(舞踏)
独舞作品、音楽家との即興コラボレーションをはじめ、国内外で舞台への客演、映像メディアへの出演など幅広く活動を展開している。また、様々な音楽家、パフォーマー、身体表現者のプラットフォームとしてのワークショップをコーディネート、プロデュースしている。
舞踏家「雫境(dakei)」氏のユニット「雫(shizuku)」、フランスではアニエスb. 初監督映画に参加。「河崎純」主宰「音楽詩劇研究所」国内外のツアーに参加。今年秋には海外での共演者を招待しての東京公演に参加する。http://aya.omnioo.com/


藤本ショーン
翻訳家。LVVやDrunkenForestなどのユニットで活動。その他即興演奏なども行う。ベース時々ギター。

 


小曽根春佳
父親の転勤で台湾に引っ越したことをきっかけにチェロを習い始める。帰国後も高校卒業まで学内オーケストラに参加、経験を積む。現在は、エレクトロニクス、ポエトリーリーディング、など異形の即興演奏グループ「Physis」や「The Cryptic Measurement」に所属。精力的にライブ活動を行なっている。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科在学中。


大岩巌
「物を持った時の初めの一瞬の感覚を捉え、またその場に立ち会う人々ともその感覚を共有したい」

 

三浦モトム
言語、流通、貨幣を軸にノイズパフォーマンス活動を行う。
電子雑音即興演奏研究会主催。HALBACH,APOCALYPTO,The Cryptic Measurement所属

OPEN 18:00/START 18:30

¥2,000+1drink(¥500)

PAGE TOP