UnKnown Theater
m o v i e    a r t    m u s i c    c u l t u r e

「第十一回 オイド映画祭東京 Stage1」

MOVIE

2018-10-21

 

「7/17」(5 分/ドラマ/コメディ)

 

江川 知弘監督
■あらすじ
今作は、僕の誕生日に実際に起きたある悲劇を、ドキュメンタリータッチで撮影した嘘のような本当の話である。

 

出演:江川 知弘

■メッセージ

今作は、僕の学生最後の作品です。チャップリンの名言「人生は近くで見れば悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。悲劇とは実は、その後の人生を好転させるためには必要不可欠なのだ」は今作のテーマとなっています。

 

 

三輪隆監督(2作品)
「a whisper」(25 分/SF 、ホラー、アート)
■あらすじ
人間の孤独、地球の孤独、それでも生きて行く。
■メッセージ
台詞が無いので感じたまま想像していただけたら嬉しいです。

 
「花」(26 分/サイコ、アート)
■あらすじ
部屋から出ることの出来ない孤独な男が観るものは、、、。
■メッセージ
何故人間の皮を被っているのか?そんな思いを込めて作りました。

 

 

「つれない男」(12 分/ヒューマンドラマ)

小川貴之監督

 

■あらすじ

その男は川へ行く。妻に内緒で釣りに行く。素人の釣り人をあざ笑い、ただひたすら釣るのだった……。

好きなことに依存する後ろめたさと滑稽さを表現した、ちょっとだけ奇妙な話です。

 

■出演者

荒谷清水、串山麻衣、尾倉ケント

 

 

「霞立つ」(20分/ドラマ)

 

永井和男監督

 

■あらすじ

高校卒業を目前に就職先が決まっていないミカは、友達2人にユーチューバーになれば?とそそのかされる。その場では拒否したミカだが、自宅に帰り一人になると、こっそりYouTubeにアップする動画の撮影を始めるのだった。

 

 

「Room mate」(17 分/ドキュメンタリー)

 

岡本拓也監督

 

■あらすじ

2010年から半年間ドイツ・ベルリンで、ルームメイトとの共同生活が始まりました。少し強面の彼の家には、首のない人形や巨大なナイフ、枯れた危険な匂いの植物が…

恐れながらも彼のことが知りたくて、カメラを向けました。様々な言語と記憶が飛び交う街で出会った、僕の初めてのルームメイト。

 

10月21日(日)
OPEN/15:00 START/15:30

¥1,500or¥1,800/1ドリンク付き

PAGE TOP