UnKnown Theater
m o v i e    a r t    m u s i c    c u l t u r e

「ハイボルテージ・フィルム ピエール・リュック・ヴァイヤンクール特集」

MOVIE

2018-07-21

 

 

カナダの実験映画配給レーベル、<Cinema Abattoir>ならびに<ICPCE>の運営に携わっている映像作家、ピエール・リュック・ヴァイヤンクールの旧作から、日本では上映・入手困難な最新作まで、主要6作品を一挙に上映する。

 

Cinema Abattoir:

http://www.cinema-abattoir.com/

ICPCE:

http://www.icpce.org/index.html

 

■ピエール・リュック・ヴァイヤンクール[Pierre-luc Vaillancourt]

カナダ・モントリオール出身、生年月日は作家により非公表。自らがアーティストであるだけでなく、カナダ周辺のマイナーな実験映画を扱う自主レーベル<Cinema Abattoir>と<ICPCE>を運営し、公的支援に立脚しない独自の実験映画運動を牽引している。

初期はSuper-8を用いた、モノクロのSM趣味的且つハプニング的な短編を制作していたが、最新作である『AUTOPSY LIGHTS』(2015)、『Phantom Limbs』(2015)、『RUINS RIDER』(2017)では、激しいデジタルエフェクトを用いた、強烈な催眠的世界へのアプローチを試みている。

北米周辺の主要なシネマテークや美術館での作品発表も数多く行っているほか、マーク・ユルタド(エタン・ドネ)などの著名なミュージック・コンポーサーとのコラボレーションも手掛けており、今現在、カナダで最もホットな実験映画作家の一人である。

尚、日本での上映はこれが初めてとなる。

 

 

『EXTASE DE CHAIR BRISÉE』(2005, super-8, b&w, 16min)

ヴァイヤンクールの処女作。秩序の崩壊した世界で繰り広げられる、SM趣味的な不条理劇。また、本作品は<Cinema Abattoir>設立のきっかけとなった記念碑的作品でもある。英タイトルは『BROKEN FLESH ECSTASY』。

 

 

『LA NUIT OBSCURE』(2011, super-8, b&w, 29min)

ジョルジュ・バタイユの小説『死者』(1967年)にインスパイアされたという、8ミリ短編。轟音のノイズとミニマルなベースサウンドがループするなかで、モノクロのSuper-8で撮影された粒子の粗い、男女の性戯が延々と展開される。バタイユ文学を説話的な映画に置き換えるのではなく、彼の「翻訳不可能なものへの問い」の思想を、映画的な手段を使って解釈した作品。

 

 

『AUTOPSY LIGHTS』(2015, HD-VIDEO, color, 23min)

ドラッグの恍惚に浸りながら自慰行為に耽るボンデージ姿の女性。過激な肉体的パフォーマンスによって、多様な快楽のかたちとフェティシズム、そしてそこで蠢く豊かな感情のゆらめきが描かれる。

 

 

『PHANTOM LIMBS』(2015, HD-VIDEO, color, 8min)

激しい色彩の明滅の中で白骨死体と戯れる女性。「生体」という記名的なものと、「死体」という匿名的なものの“在りえない”交わりによって、生と死の連続性を描くサイケデリックフィルム。

 

 

『RUINS RIDER』(2017, HD-VIDEO, color, 49min)

バルカン半島・モンテネグロ周辺(Duklja、Zabljak、Haj Nehaj、etc…)に点在する、いくつかの廃墟を捉えた、ある種の構造的な作品。強烈な色彩のフリッカーとシンセサウンドが観る者の深層心理を刺激し、観客を原初的なリミナリティへと誘うハイボルテージ・フィルム。音響をエタン・ドネのマーク・ユルタドが手掛ける。

 

 

『HYPNAGOGIA』(2017, HD-VIDEO, color, 5 min)

ヴァイヤンクールの最新作。デジタルエフェクトによって変色を施された火山噴火の光景が、ミニマルなシンセサウンドのループとともに映し出される。「地球が内包する自然的エネルギー」という不可視な対象についての存在論的映画。催眠的なサウンド・フィルム。

 

■主催:KRAUT FILM 協力:Cinema Abattoir

7月21日(土)
OPEN/18:00 START/18:30

¥1,800

PAGE TOP