UnKnown Theater
m o v i e    a r t    m u s i c    c u l t u r e

追悼、アンコール上映!David Bowie 「Ziggy Stardust And The Spiders From Mars」

MOVIE

2018-01-23 〜02-04

 

追悼、アンコール上映!

 

監督は、ハンディカメラと同時録音によるドキュメンタリーの第一人者で、すでにボブ・ディランやジョン・レノンを撮影し、ゴダールとも仕事をしていた、D.A.ペネベイカー(2012年アカデミー名誉賞受賞)。
衣装は、71年に日本人として初めてロンドンでコレクションを行った27歳の山本寛斎。
ジギ-の物語と言葉の意味が伝わりやすいように、初めて全曲に新訳で歌詞字幕を挿入。
字数制限のある中、ボウイの意図を簡潔に表現した翻訳は、元ミュージシャンでもある寺尾次郎。

 

 

 

ストーリー
2016年1月10日、稀代のロッカー。デヴィッド・ボウイは、予言的な最後のアルバム『☆』を残して逝ってしまった。
さかのぼること43年、1972年2月から73年7月にかけて「5年後に滅びようとする地球の救世主ジギ-・スターダスト」という物語を引っ提げ、25歳のボウイは、クィーン・エリザベスⅡ世号に乗船し、イギリス、アメリカ、日本を巡る1年半の長期ツアーを決行した。
そして、73年7月3日、ロンドンのハマ―スミス・オデオン劇場での最終公演。
華やかで妖しいグラム・ロックの寵児ボウイは、コンサートの最後で、突然自らグラム・ロックを葬り去るのだった。
TRACKS
「君の意志のままに」「屈折する星くず」「あの男を注意しろ」「フリークランドから来たワイルドな瞳の少年」「すべての若き野郎ども」「ユー・プリティ・シングス」「月世界の白昼夢」「チェンジス」「スぺイス・オディティ」「私の死」「気のふれた男優」「時間」「円軌道の幅」「夜をぶっとばせ」「サフラジェット・シティ」「ホワイト・ライト / ホワイト・ヒ―ト」「ロックン・ロ―ルの自殺者」
MUSICIANS
デヴィッド・ボウイ(ヴォーカル / ギター)、ミック・ロンソン(ギター / ヴォーカル)、トレヴァー・ボーダー(ベース)、ウッディー・ウッドマンジ―(ドラムス)
監督:D.A.ペネベイカー
上映時間: 90分

 

 

物販販売します!

ポスター(B2) 700円

ポストカード(ハガキサイズ) 100円

パンフレット 800円

Tシャツ(限定品) 3種類 各3800円

メインバージョン(黒)

スターバージョン(黒)

イエローバージョン(黄)

サイズはS、M、Lになります。

 

1月23日(火)~2月4日(日)
1回目 OPEN/15:30 START/16:00
2回目 OPEN/17:30 START/18:00
3回目 OPEN/19:30 START/20:00

1月27日(土)
1回目 OPEN/14:00 START/14:30
2回目 OPEN/16:00 START/16:30

2月4日(日)
1回目 START/17:45
2回目 START/19:30

1500yen or 1800yen/1drink付き

PAGE TOP